MENU

TECHNO-FRONTIER 2020

本展示会の中止を決定いたしました。 
開催中止のお知らせ

機械部品メーカー

気になるところをしっかり見られ
じつは展示会はお手軽な場所です

機械部品メーカー

設計

1.来場に関してのお立場と役割を教えてください
機械部品メーカーで部品の設計を担当しています。今回の『TECHNO-FRONTIER 2018』には、主にモータ技術展を見るために来場しました。技術的な解決策のヒントや業界の今後を予測するうえでの手がかりが得られればと思っています。
2.来場前、どのような課題を感じていましたか?
前任の部署で、モータの設計を任されていました。いまは直接の担当ではありませんが、ひとりのエンジニアとして、引き続き最新の技術やトレンドを把握しておくことが大切だと考えています。異動で再配属される可能性もありますから、最新の事情は追いかけておきたいなと。
3.この展示会を知ったきっかけとは?
きっかけは覚えていませんが、毎年Webサイトで検索して、開催内容をチェックしています。もちろん会社で担当している業務とつながっているのですが、今日ここには、個人として勉強に来ているという感じです。
4.来場するまでに、何かハードルとなることはありましたか?
会社には“手が空いていればどんどん勉強に行ってよいよ”という雰囲気があります。同僚も理解してくれているので、展示会に行きづらいということはありません。問題は自分の仕事と時間のやりくりですね。当日に予定を入れないことが一番大変でした。
5.どのように乗り越えましたか?
社内の仕事をちゃんと進めておくのはもちろん大事ですが、展示会のある日に、ほかの用事を入れないようにしました。「この日、時間ありますか?」と聞かれたら「もう予定が入っているので難しいです」とか、場合によっては「その日はお客さまとの重要な打ち合わせがありますので」といったりして、あの手この手で(笑)。
6.来場の決め手は何ですか?
毎年来場することで、トレンドを追い続けられるのが理由です。あとは首都圏で開催されている点が大きいですね。首都圏以外での開催だと、個人で来るのはやはりハードルが高いです。お台場などと比べると幕張はちょっと遠いですが、貴重な機会なので活用しないと。
7. 実際に来場してみていかがですか?
以前の部署で関わりのあったお客さまや担当者さんに、久しぶりにご挨拶できました。時間をつくるのは大変ですが、展示会は来てしまえばお手軽ですよね。密度が高く、効率が良いです。Webやカタログで調べるだけだと、わからないことはわからないままで終わってしまいがちですけど、ここでは実際にモノを確認して、お話を伺って、気になるところまでよく見ることができる。やはり現物を見ないことには、そこから先の発想が涌いてこないですし。こういう場所で勉強することは、会社の中でやっていくうえで必ず役に立つと思っています。

2020© Japan Management Association All Rights Reserved.