MENU

主催者講演・出展者セミナー プログラム

講演会を聞かれる方は、
最初に来場登録をお願いいたします。

主催者講演 全17枠 
出展者セミナー 全17枠 
事前登録制/聴講無料(敬称略)

11:00〜11:40

主催者講演 1-1 <基調講演>

パナソニック株式会社
専務執行役員 CTO、CMO
宮部 義幸

100年企業のイノベーション

松下幸之助 創業者は、1918年これからは電気が世の中を変えるという考えのもと当社を創業しました。
以来100余年にわたり、パナソニックは人々へのお役立ちの発想から新製品をつくりそれを通して、人々の生活を豊かにしてきました。電気の役割も当初は動力源として家事を自動化しましたが、次にラジオ・テレビといった情報伝達手段を生み出し、さらにはインターネットのような通信技術を利用した新たな産業やサービスを生み出してきました。
今社会は、物の豊かさとサービスの融合で人の心をも豊かにする超スマート社会へと急速に変化しています。本講演ではこの変化に挑戦するパナソニックのイノベーションについてお話いたします。

13:20〜14:00
主催者講演 1-2 <基調講演>

名古屋大学
未来材料・システム研究所 未来エレクトロニクス集積研究センター
センター長・教授

天野 浩(ノーベル物理学賞 受賞者)

未来社会を見据えたイノベーション創出への取り組み

半導体結晶製造法に関する研究シーズが生まれてから、大きな市場が創成されるまでに30年近い期間がかかった青色LEDや
深紫外線LEDの研究開発の経験を反省材料として、未来社会に必要なイノベーションを10年以内で実現する人材育成を目的として行っている今までにない新しい5年一貫の大学院教育の例、および2050年の未来社会システムを志向したGaNコンソーシアムと世界唯一のGaN専用クリーンルームを持つ未来エレクトロニクス集積研究センターの取り組みを紹介します。

15:15〜16:00
出展者セミナー 1-2

株式会社ノイズ研究所
技術部 上席部長
石田 武志

ESD試験の意図と目的

システムレベルのESD試験の基本規格であるIEC 61000-4-2は、1984年に元となる規格が発行され、その後、何度かの改正が行われ2008年発行の第2版が最新版となる。
接触放電による試験が主流となっているが、その放電電流波形は、帯電人体が発生する気中放電の電流波形を模擬している。
実際の帯電人体から発生する放電電流とESD試験で規定する放電電流の違い及び特性を知ることで、ESD試験の意図とその目的の理解が深まり、実際に則したより効果的な試験を実施することができる。
またEUTにESD試験を実施した時に起こる回路内の挙動についても触れ、誤動作対策及びESD保護に対するヒントを示し、ESD試験規格がもつ問題点、今後の課題を整理する。

IEC SC77B MT12エキスパート委員
自動車技術会 CISPR分科会 委員
株式会社ノイズ研究所 技術部 上席部長 石田 武志

11:00〜11:20

主催者講演 2-1

ローム株式会社
パワーデバイス事業本部 ハイパワーデバイス事業部 統括課長
日笠 旭紘

SiCパワーデバイスの最新技術動向

エネルギー問題や地球環境問題に対する懸念から電力の有効活用が急務として求められる中、省エネやCO2削減に貢献する「SiCパワーデバイス」が注目されています。本講演では、SiCパワーデバイスの技術動向や、ロームのパワーデバイスへの取り組みについて解説します。
さらに、ロームが新たに開発した、車載パワートレインシステムや産業機器向け電源に最適な「第4世代SiC MOSFET」をご紹介します。低オン抵抗、高速スイッチング性能を兼ね備えており、様々なアプリケーションの劇的な小型化や低消費電力化に貢献します。

13:20〜14:00
主催者講演 2-2

東京大学
副学長 教授
生産技術研究所 持続型エネルギー・材料統合研究センター センター長

岡部 徹

レアアース磁石の資源の状況と問題点・ボトルネック
~一般には常識と思われているデマや誤解を解説~

社会が発展し、生活が豊かになれば、高性能の電子機器が数多く使われるようになる。
日常生活では直接目にすることは少ないが、電子機器には多くのレアメタルが使われており、私たちは多種多様のレアメタルに囲まれて生活している。いまやレアメタル抜きには、私たちの生活は成り立たない。また、ハイテク製品だけでなく、省エネにもレアメタルは不可欠である。たとえば、ハイブリッド自動車の高性能モーターや蓄電池、太陽光発電用のパネルや制御器などは、レアメタルの塊と言っても過言ではない。このように、社会が発展すればするほど、多量のレアメタルが必要となる。
しかし一方で、レアメタルの採掘や製造に伴い、海外では環境破壊が進んでいる。本講演では,レアメタルの現状と課題について概説し、レアメタルに対する誤解や偏見、さらには、日本では知ることが出来ない“裏の問題”についても紹介する。日本に蓄積されたレアメタルをリサイクルすれば、資源問題は解決するといった都市鉱山神話ならぬ誤解が蔓延しているが、レアメタル供給、とくにレアアース資源のボトルネックやリサイクルの問題点について解説する。また、最近話題のレアメタルのリサイクルに関する環境問題や経済合理性等のジレンマ、リサイクルを実施する場合の問題点について解説する。

14:15〜15:00
出展者セミナー 2-1

旭化成エレクトロニクス株式会社
マーケティング&セールスセンター マーケティング第二部 課長
忍田 真一

異常検出機能付回転角センサーと使い方が自在な3D磁気センサー

AKMでは動きを非接触で検知可能な様々な磁気センサーをラインナップしていますが、本セミナーでは回転角センサーと3D磁気センサーを紹介します。
1. 回転角センサー:
従来の非軸端配置(Off-Axis)が可能な回転角センサーに異常磁場検知機能を追加し、加減速時の追従性を向上させた新製品AK7455を説明します。AK7455は従来品より配置自由度が向上しており、より小型化が可能な配置例も紹介します。
2. 3D磁気センサー:
FA(Factory Automation)や様々な産機分野のアクチュエータ周辺で使用可能な3D磁気スマートスイッチAK09970を紹介します。AK09970は磁石が作る3次元磁場を"3軸センシング"可能であり、低消費電力で動作します。磁石とAK09970のシンプルな組み合わせで、様々な動きを検出するデモを紹介しながら、回転・ストローク・XYZの位置検知例を説明します。

15:15〜16:00
出展者セミナー 2-2

THK株式会社
産業機器統括本部 IMT事業部 販売推進部 CS課
磯辺 隆博

直動製品のモジュール化における自動化・省力化

近年、案内部品と駆動部品を組合せたモジュール製品は、装置生産に欠かせないものになってきています。
機械設計や装置開発において性能、品質、耐久性など、様々なご要求に対し、お悩みもある事と思います。
そういったご要求にお応え出来るTHKの技術をモジュール製品「コンパクトシリーズ」、「プレスシリーズ」にてご紹介させて頂きます。

11:00〜11:40

主催者講演 3-1

株式会社IDAJ
技術顧問 国峯 尚樹
MBDプロセス推進室 スペシャリスト 山本 悦史

熱とノイズの効率的な対策とは?
~基本原理の理解を踏まえて~

電子機器の設計においては、半導体部品の高密度実装やプリント配線板の小型化による発熱密度の上昇と、デバイス高速化にともなうEMCへの対応が大きな課題です。
これらの問題を未然に防ぐためには、伝熱やノイズ放射が「どのような原理によって成り立っているのか」というメカニズムの本質を理解した上で対策法を習得することが不可欠です。
本講演では、これらの現象の基本原理を解説するとともに、熱設計およびノイズ対策の効率的な考え方を紐解きます。

13:20〜14:00
主催者講演 3-2

三菱電機株式会社
FAエンジニアリングサービス企画部 部長
溝上 悟史

加速する、ものづくりデジタルトランスフォーメーション

IoT、AI、5Gネットワークといったデジタルテクノロジーを活用し、新たなビジネスを 形成するDX時代。 三菱電機では、独自のソリューション『e-F@ctory』にDXの着想を掛け合わせることで、バリューチェーン全体の価値向上を目指します。
本講演では、『e-F@ctory』により変革するものづくりの将来像、デジタルテクノロジーを活用した最新事例をご紹介します。

14:15〜15:00
出展者セミナー 3-1

MathWorks Japan
片桐 敦
赤阪 大介

ブラシレスモーター制御を早く簡単に設計・実装する方法教えます

ブラシレスモーターの「ベクトル制御」の設計から実装まで、業務の効率を高めながら、モーターの性能を最大限に発揮させる方法をお伝えします。
ベクトル制御アルゴリズムを直感的に手軽に組みたい、性能をムダなくすばやく引き出したい、すぐにマイコンに実装して動かしたい。これらを早く簡単に解決に導くのが、MathWorks社が提供するモーター制御専用の設計ツールMotor Control Blockset(TM)です。設計・実装の流れに沿って、ツール機能で出来ることや使いどころを分かりやすく解説します。モーター制御の開発に携わっている方、これから始めてみたい方は必見です。シミュレーション技術やオートチューニング技術に興味がある方にも参考となる内容です。

15:15〜16:00
出展者セミナー 3-2

Vicor株式会社
シニアアプリケーションエンジニア
月元 誠士

自動車、自律型ロボットのPDN(電力供給ネットワーク)を革新する最新電源ソリューション

Vicorのモジュールで構成するPDN(電力供給ネットワーク)ソリューションによって、小型・高効率で、リードタイムを短くしながら、電力拡張が容易なシステムの設計が可能です。
今回は、自動車向けアプリケーション及び、ロボット向けアプリケーションにどのようなメリットがあるのかを解説します。M-HEVを含むすべての電動車に48Vバスが適している事例や、自律型ロボットに求められる小型・軽量・バッテリーのロングライフを実現するソリューションなどを紹介します。

11:00〜11:40
主催者講演 4-1

STマイクロエレクトロニクス株式会社
オートモーティブ&ディスクリート グループ マネージャ
田中 佑城

SiCパワーMOSFET ~拡大する電力需要を支えるパワー半導体~

世界的に拡大する電力需要への対応と、地球温暖化の防止に向けて、より高効率のパワー・エレクトロニクス機器が求められており、パワー半導体はその鍵を握っています。
SiCパワーMOSFETは、従来のパワー半導体であるシリコン製のIGBTやMOSFETよりもスイッチング速度が高いことと発生損失が低いという特徴を持っているため、需要が急速に高まっています。
このセミナーでは、需要が拡大しているSiCパワーMOSFETに対する STの取り組みを紹介するとともに、実際の製品を用いた実験結果を踏まえて、SiCパワーMOSFETの具体的なメリットを解説します。

13:20〜14:00
主催者講演 4-2

エヌビディア合同会社
オートノマス マシン事業部 マネージャー
梅本 将範

アフターコロナに向けてGPUに投資 製造現場での変革を加速させる

既に製造業においては、デザイン、シミュレーションやAIに至るまで、様々な用途においてGPUが使われておりますが、アフターコロナ/ウィズコロナの環境では、製造業においても働き方も含めて現場の変革がより一層求められており、GPUによって加速されたコンピューティングの活用が増えてきております。 本講演では、製造業におけるGPUの活用事例とともに、最新のGPU製品やツールを紹介いたします。

14:15〜15:00
出展者セミナー 4-1

JMAG
JMAGビジネスカンパニー セールス&マーケティング統括
鈴木 雄作

JMAG:モータのモデルベース開発事例

電動化におけるキーコンポーネントであるモータに要求されるのはコンポーネントとしての高い性能だけでなくシステムとの高い整合性です。シミュレーションを活用したモデルベース開発はモータ開発においても必須になりつつあります。
モータ設計で高い実績を持つJMAG がモデルベース開発のための新しいワークフローを提案します。
本セミナーでは、EV用のモータ開発が、システム設計、コンポーネント設計、試作・性能評価、システム検証を具体的にどう進めるかを示します。事例を通して、モータの効率マップ、鉄損や巻線の交流損などの各種損失、冷却、振動評価から制御パラメータの適合、走行モードでの効率検証までを紹介します。
これからJMAGを使ってモータ設計を検討される方に向けて、JMAGがもつ機能の全体を俯瞰いただける内容となっています。お誘いあわせの上ご参加ください。
※競合企業のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。

15:15〜16:00

出展者セミナー 4-2

Carbon/JSR
Carbon事業推進部 部長
澤田 安彦

3Dプリンタが実現するモノづくりプロセスの革新

これまでもっぱら試作や開発用ツールと認識されてきた樹脂3Dプリンタですが、その主な理由は造形物の強度にあります。
米国シリコンバレーのユニコーンであるCarbonでは、その技術革新によって部品の強度を高め、併せて高速造形を可能としました。その結果、金型では作成不可能な形状によって部品の軽量化や一体化、製品の付加価値向上を図り、或いは開発から製造まで一貫した技術プラットフォームにてデジタル化を図ることによる開発期間の短縮を実現することができます。また、補修部品や製造用金型の在庫を排除することによる保管コストの抑制も可能となり、モノづくりプロセス全般において革新を図ることが可能となります。Carbonは独自のDLS技術とエンジニアリングサービスによって、分散生産やオンデマンド生産、開発のアジャイル化を図ろうとするお客様をサポートするデジタル製造ソリューションを提供します。

11:00〜11:40
主催者講演 5-1

日本マイクロソフト株式会社
社長室 業務執行社員 エバンジェリスト
西脇 資哲

変えていこう! ものづくりと働き方のデジタルトランスフォーメーション

AI・人工知能、ビッグデータ、仮想現実が私たちのものづくりを大きく変えようとしています。そしてそのデジタルトランスフォーメーションの波が、2020年さらに加速することになりました。
この激流を変化と改善の機会ととらえ、どのようにものづくりの現場とその働き方を 変えていくべきかをお話させていただきます。AI・人工知能、ビッグデータ、仮想現実を活用した事例も具体的にご紹介いたします。

13:20〜14:00
主催者講演 5-2

アルプスアルパイン株式会社
経営企画室 技術渉外担当課長
加藤 喜文

超スマート社会 (Society 5.0) の実現に貢献する電子部品の動向
~2028年までの電子部品技術ロードマップの概要と紹介~

一般社団法人電子情報技術産業協会 (JEITA) の電子部品部会傘下に組織される電子部品技術ロードマップ専門委員会では、参画企業の協力のもと電子部品技術ロードマップを編纂し発刊している。
今回の講演は超スマート社会 (Society 5.0) の実現に貢献する電子部品の動向と題し、2028年までの電子部品技術ロードマップの概要と電子部品の技術動向を紹介する。特に、拡大する車載用途における電子部品への技術的要求やCASEと呼ばれる自動車産業の変革を支える電子部品の技術動向を中心に紹介する。

14:15〜15:00
出展者セミナー 5-1

ダッソー・システムズ株式会社
シニア インダストリー バリューコンサルタント
花田 完

「ニューノーマル」(新しい日常)時代のモノづくりデジタル変革

ポストコロナにおいて各国で「ニューノーマル」(新しい日常)が始まっています。人々のくらしを永続的に守るために必要な「技術革新」、それを支えるための「新たなモノづくり」とは?
日本の電機・電子業界がグローバルで戦っていくために必要な「モノづくりのためのデジタル変革」についての考察と手段を海外先進事例を交えてご紹介します。

15:15〜15:45
出展者セミナー 5-2

株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
デジタルイノベーション事業本部 スマートファクトリー推進室長
神山 洋輔

目的志向で進めるスマートファクトリー構築メソッド

IoT、AI、スマートファクトリー、デジタルトランスフォーメーション…これらのキーワードが注目される中、製造業のデジタル化は着実に進んでいます。製造工程のトレーサビリティや人作業の見える化、リアルタイム実績管理など、デジタル技術を用いた課題解決の事例は枚挙にいとまがありません。
一方で、「自社にフィットするツールかどうか、何を基準に選べば良いか迷っている」「効果が説明できず企画・PoCどまり」「そもそもデジタルで解決すべき課題が不明確」 といった企業をよく目にします。
日進月歩で進化するデジタル技術の進化、デジタル化の潮流に我々はどのように向き合えばよいのか。
デジタルツールを活用した現場改善から工場全体/サプライチェーン全体のスマート化に至るまで、実際の事例も交えながら、自社にとって最適な目的志向で進めるスマートファクトリー構築メソッドの考え方・進め方を解説します。

11:00〜11:40

主催者講演 6-1

オムロン サイニックエックス株式会社
代表取締役社長
諏訪 正樹

画像センシングを中心としたセンシング技術展望

・IoTやロボティクス、AIなどの技術進展の鍵を握るセンシング技術について、今後どのような観点での進化が期待されるのか?
・AI技術の背後にあるセンシング技術の役割とは?

13:20〜14:00
主催者講演 6-2

サイプレス セミコンダクタ
自動車ビジネス担当 シニア ヴァイス プレジデント
布施 武司

カーエレクトロニクスの進化と 未来を支える半導体技術
~2028年までの電子部品技術ロードマップの概要と紹介~

自動車は走る半導体といわれるようになり、また、乗るモノから利用するサービスへと産業自体が様変わりを始めている。
車両への電子部品の搭載率が拡大を続け、モビリティサービス事業の拡大が見込まれるなか、半導体などエレクトロニクスが担う役割は大きい。 百年に一度の変革の時代を迎えているクルマにおいて半導体の役割とその技術について、市場トレンドとあわせて解説する。

14:15〜15:00
出展者セミナー 6-1

セールスワン(SalesOne, Inc.)株式会社
代表取締役 IoT&RFID導入支援コンサルタント
山本 圭一

ICタグを活用した持出・返却管理や現場の保全・安全対策の事例を一挙公開!
afterコロナ時代を勝ち抜く現場の重要資産の見える化・使える化

現場の効率化策を高める「IoT機器+センサー」や「RFID装置+ICタグ」を活用した、「重要資産(工具・計測器等)」「重要書類(図面・設計書)」「固定資産(重機・電力盤)」の持出・返却管理や収蔵位置管理の業務効率化の活用事例を一挙公開します。
更に、「現場の人財不足解消」に向け、現場のフィールドエンジニアのマッチング管理システムやERP(人事、会計)とデータ連携した場合の導入効果もご説明します。新型コロナの影響により、感染予防対策や資産管理策を見直す必要が出てきた中、現場のどう生産性を高めていくか?どう保全・安全管理の品質を維持するか?その答えは徹底的な現場管理にあります。
是非、オンライン上の会場にお越しいただき、何かお客様のビジネス課題を解決する ヒントとなる情報に触れていただけると幸いです。 

15:15〜15:45
出展者セミナー 6-2

株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
デジタルイノベーション事業本部 執行役員 事業本部長
松本 賢治

現場課題を解決するIoT7つ道具 位置分析編

IoT導入で現場力を飛躍的に向上させるためには、各社ごとのIoTの取組みにあった形で、現場の課題を捉える新しい切り口が必要です。そこでJMACでは、次のような7つの視点を定めています。

①位置分析 ②作業分析 ③場面分析 ④数量分析 ⑤危険分析 ⑥稼動分析 ⑦品質分析
 
この7つの視点からIoT導入に取り組むことで、従来の「現場改善」のあり方を大きく変えることができると考えています。
本セミナーでは、この7つ視点(IoT7つ道具)をご紹介するとともに、「①位置分析(Internet of Location)」について詳細に解説いたします。
セミナーの最後には、本展示会に出展している厳選したツールも紹介いたします。

11:00〜11:40
主催者講演 7-1

株式会社日立ハイテク
イノベーション推進本部 部長代理
向尾 将樹

New normalにおける「ものづくり」業界動向と諸課題
~次世代自動車開発を例に考える~

New normalによって「ものづくり」業界がどのように変わっていくのでしょうか?
次世代自動車で検討されている材料・技術・コンセプトなどを例にして、技術メディア「みんなの試作広場」運営者が業界動向や課題を俯瞰的に整理した内容をお伝えさせて頂きます。

13:20〜14:00
主催者講演 7-2

東京大学
生産技術研究所 教授
須田 義大

モビリティ・イノベーション
~自動運転とMaaS~

自動運転、コネクティビティ、シェア・サービス、電動化という自動車における新たな潮流に加えて、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)として、公共交通を含めた、モビリティ社会を構成するあらゆる産業の融合を目指したエコシステムの構築によるイノベーションが進行している。
利用者の移動の快適性の向上と、交通安全、環境低負荷といった社会のシステムの最適化、モビリティ事業者の事業性などの観点から、大きな期待が寄せられている。新型コロナ感染症の問題によりモビリティ社会の在り方も再検討が求められているが、自動運転とMaaSの役割は益々重要になると考えられる。技術的課題解決、社会受容性の醸成、制度整備など、最近の動向を紹介する。

14:15〜15:00
出展者セミナー 7-1

IARシステムズ株式会社
営業部 日本営業マネージャー 兼 エンベデッドセキュリティ担当
原部 和久

組込みエンジニアの働き方改革のために
~実態調査から見えてきた今後のテーマ~

COVID-19の影響により全ての業種および職種で「働き方改革」が急速に進んでいます。
組込みシステム向けの開発ツールを提供しているIARシステムズは、より高い開発効率や生産性を実現することを助ける高性能なツールチェーンによって、日本のものづくりを支える大事な職種である「組込みエンジニア」を助けます。しかしながら組込みエンジニアの置かれている実態は、その業務内容からリモートワークが難しく、同じプログラミング業務であるITやウェブ開発などの職種に遅れている実態があります。
本セミナーでは、従来のオフィス主体の開発業務からの脱却と、より高い生産性を実現するための開発ワークフローの提案します。また元々スキルの高い組込みエンジニアがCOVID-19環境下でも安心して開発に専念できる環境の構築方法と、そのためにマネジメント層がとるべきアクションについて説明します。

15:15〜15:45
出展者セミナー 7-2

株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
デジタルイノベーション事業本部 執行役員 事業本部長
松本 賢治

現場課題を解決するIoT7つ道具 作業分析編

IoT導入で現場力を飛躍的に向上させるためには、各社ごとのIoTの取組みにあった形で、現場の課題を捉える新しい切り口が必要です。そこでJMACでは、次のような7つの視点を定めています。

①位置分析 ②作業分析 ③場面分析 ④数量分析 ⑤危険分析 ⑥稼動分析 ⑦品質分析

この7つの視点からIoT導入に取り組むことで、従来の「現場改善」のあり方を大きく変えることができると考えています。
本セミナーでは、この7つ視点(IoT7つ道具)をご紹介するとともに、「②作業分析(Internet of Operation)」について詳細に解説いたします。
セミナーの最後には、本展示会に出展している厳選したツールも紹介いたします。

11:00〜11:40

主催者講演 8-1

公益財団法人日産財団
理事長
久村 春芳

変わりゆく移動の価値 ~将来を見通し拓いていくために~

我々を取り巻く近代社会は、COVID-19の影響を受け、その在り方が大きく変わろうとしている。その基礎を作り上げてきた「移動」も、その価値観に大きな変化がみられる。
これまで自動車業界は、大きな社会課題(Issue)である環境と安全問題の解決に注力してきた。例えば、リニューアブルエナジーの増加を受け、電動車が増大する傾向にあり、自動運転技術も急速に拡大を見せつつある。
それに加え、昨今は、ITの急速な発展により、合理性を追求する方向に社会システムが変化しようとしてきている。スマホ等を用いたITプラットホームの拡充で情報共有が進み、車のシェアリングビジネスが拡大し始めており、生活や交通システムをはじめとする社会システムは、さらに合理的になろうとしている。
一方、COVID-19により、これまであまり重要視されてこなかった、とある価値が見直されつつある。その価値感の変化をとらえつつ、将来を見通し、新たな価値を創出するような革新的な提案を行うために必要と考えられる要件について、私のこれまでの経験に基づいて概説するとともに、イノベーションをリードするための要件についても論議をしていく。

13:20〜14:00
主催者講演 8-2

東芝三菱電機産業システム株式会社
パワーエレクトロニクスシステム事業部 技監
川上 紀子

Power Electronics in Everything
持続可能社会に貢献するパワーエレクトロニクス

パワーエレクトロニクス(PE)技術は、あらゆるものの電気を望む形(電圧・電流・周波数)に変える技術として広く使われている。産業や家庭などの従来の電気機器に加え、移動体の電動化などが急速に進展しており、PE技術は、未来社会にますます貢献できると期待される。その目標に向け、TMEICは、新たなコンセプトとして、”PEiE:Power Electronics in Everything”を掲げ、技術開発を続けている。PEiEを支えるPE技術の変遷と将来展望を俯瞰する。

14:15〜15:00
出展者セミナー 8-1

STマイクロエレクトロニクス株式会社
システムソリューション技術部
涌井 敬志郎

高性能セミデジタル制御ICを使った柔軟なスイッチング電源の設計

これまでのアナログ制御スイッチング電源では、出力電力ごとに、その他システムの回路への流用が比較的困難でした。
また、高機能化に伴う部品点数の増加、使用される制御ICにより保護機能が決められてしまうなどの課題がありました。
STのセミデジタル制御ICは、開発期間を短縮しながらもシステムの柔軟性と効率を高め、これらの課題解決に貢献します。
本セミナーでは、STのセミデジタル制御ICの機能やポートフォリオに触れながら、セミデジタル・インタリーブ型PFCの最適なソリューション例を解説します。

15:15〜15:45
出展者セミナー 8-2

株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
デジタルイノベーション事業本部 スマートファクトリー推進室長
神山 洋輔

現場課題を解決するIoT7つ道具 稼働分析編

IoT導入で現場力を飛躍的に向上させるためには、各社ごとのIoTの取組みにあった形で、現場の課題を捉える新しい切り口が必要です。そこでJMACでは、次のような7つの視点を定めています。

①位置分析 ②作業分析 ③場面分析 ④数量分析 ⑤危険分析 ⑥稼動分析 ⑦品質分析 

この7つの視点からIoT導入に取り組むことで、従来の「現場改善」のあり方を大きく変えることができると考えています。
本セミナーでは、この7つ視点(IoT7つ道具)をご紹介するとともに、「⑥稼動分析(Internet of Availability)」について詳細に解説いたします。
セミナーの最後には、本展示会に出展している厳選したツールも紹介いたします。

11:00〜11:50

主催者講演 9-1

インテル株式会社 Government, Market and Trade ダイレクタ
名古屋大学 未来社会創造機構 客員准教授
野辺 継男

激変する自動車及びモビリティ市場と事業開発・技術開発のあり方

2045年頃までに起こると予測されていた市場や技術の変化の多くが、COVID-19によって一気に短期間に発現した。今後こうした変化は更に加速し、事業環境は毎年の様に変わるものとして物事を捉える必要がある。その背景と国内ではあまり見えていない世界の潮流、今後の予測、そしてその自動車・モビリティ分野での対処法に関してお話させて頂きます。

13:20〜14:05
出展者セミナー 9-3

株式会社ノイズ研究所
技術部 上席部長
石田 武志

ESD試験の意図と目的

システムレベルのESD試験の基本規格であるIEC 61000-4-2は、1984年に元となる規格が発行され、その後、何度かの改正が行われ2008年発行の第2版が最新版となる。
接触放電による試験が主流となっているが、その放電電流波形は、帯電人体が発生する気中放電の電流波形を模擬している。
実際の帯電人体から発生する放電電流とESD試験で規定する放電電流の違い及び特性を知ることで、ESD試験の意図とその目的の理解が深まり、実際に則したより効果的な試験を実施することができる。
またEUTにESD試験を実施した時に起こる回路内の挙動についても触れ、誤動作対策及びESD保護に対するヒントを示し、ESD試験規格がもつ問題点、今後の課題を整理する。

IEC SC77B MT12エキスパート委員
自動車技術会 CISPR分科会 委員
株式会社ノイズ研究所 技術部 上席部長 石田 武志

14:15〜15:00
出展者セミナー 9-1

ダッソー・システムズ株式会社
産業機械業界 シニアコンサルタント
小林 敦志

「今こそチャンス!危機をバネにするDXと新しい価値創造」

戦後最大の危機に対し、日本の製造業が勝ち抜くためには、脱「対面・紙・ハンコ」だけでなく、デジタルの力を自社の全ての業務に適応させることが必須です。 危機をバネにし、デジタル変革をテコにして、K型回復と言われる全世界の需要を俊敏に捉えることが求められます。
日本の製造業が得意としてきた、現場現物や摺り合わせをデジタルの中で再現し、日本品質を保ちながら、変動する世界の市場に打って出る。 それが日本の製造業が進むべき道と考えます。
本セッションでは、進行中の危機のなか、自社の業務にデジタルをどう活かし、競合他社に真似できない能力をいかに伸ばし、新しい価値をどう生み出すかについて、事例を含めてご紹介します。

15:15〜15:45
出展者セミナー 9-2

株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
デジタルイノベーション事業本部 AI・Iot推進室 室長 
小野 甫

現場課題を解決するIoT7つ道具 品質分析編

IoT導入で現場力を飛躍的に向上させるためには、各社ごとのIoTの取組みにあった形で、現場の課題を捉える新しい切り口が必要です。そこでJMACでは、次のような7つの視点を定めています。

①位置分析 ②作業分析 ③場面分析 ④数量分析 ⑤危険分析 ⑥稼動分析 ⑦品質分析 

この7つの視点からIoT導入に取り組むことで、従来の「現場改善」のあり方を大きく変えることができると考えています。
本セミナーでは、この7つ視点(IoT7つ道具)をご紹介するとともに、「⑦品質分析(Internet of Quality)」について詳細に解説いたします。
セミナーの最後には、本展示会に出展している厳選したツールも紹介いたします。

出展者一覧

スペシャルスポンサー
  • ローム

    省エネ、小型化に貢献するパワー・アナログ製品をご紹介

プラチナスポンサー
  • STマイクロエレクトロニクス

    STは産業システムを変革する最先端半導体を提供しています。

  • TDK

    車載・産機向け受動部品、産機向け電源の紹介

  • 松定プレシジョン

    数千種類以上ラインナップ!総合電源直販メーカー

  • IDAJ

    熱設計・ノイズ・EMC対策ソリューションとMBD・CAE技術

  • ユニバーサルロボット

    累積出荷台数44,000台、協働ロボット市場のリーダー

  • ミスミ

    ミスミmeviy(メヴィー)が実現する部品調達DX

ゴールドスポンサー
  • セールスワン

    工具や計測器の持出・返却システムと現場のマッチングシステム

  • 旭化成エレクトロニクス

    AKM磁気センサーは何かがちょっと違う?見つけて下さい!

  • ソリッドワークス・ジャパン

    モノづくりをデジタル化で加速するソリッドワークス

  • ノイズ研究所

    新時代のEMCソリューション

  • THK

    LMガイド/ボールねじ/電動アクチュエータ及び新製品

  • MathWorks Japan

    モデルベースデザインによるモーター制御開発をご紹介します。

  • Vicor

    最先端の小型・高密度・高効率の電源ソリューションをご紹介

  • Carbon/JSR

    3Dプリンタで変革するデザイン、開発、製造プロセス

  • JMAG

    電気機器設計のためのシミュレーションソフトウェア・JMAG

  • IARシステムズ

    組込みソフトウェア開発ワークフローを高効率化するツール

  • 三菱電機 FAシステム事業本部

    生産最適化のトータルソリューションを提案いたします。

  • ダッソー・システムズ

    3DXPERIENCEで実現する新たな価値創造に向けたDXのご紹介

シルバースポンサー
  • 横河計測/メトロン技研

    高精度測定技術でモーター開発の課題解決を支援いたします。

  • エレコム

    現場の省力化の第一歩!工場向けペーパーレスソリューション

  • 大分県電磁応用技術研究会/
    ブライテック

    世界初!サーモグラフィカメラによるモータロス分布の可視化

  • グローブ・テック

    産業用の電気のコネクタ 大電流・高電圧・真空・耐熱・防爆

  • ナミテイ

    鉄・非鉄の異形材、異形部品(EV・モータ)の開発に協力

  • ソルトン

    分割フレーム、導電グロメットが通電と確かなノイズ低減

  • ムラタソフトウェア

    設計者向けCAEソフトウェアFemtetをご紹介します。

  • 住友ベークライト

    パワートレイン電動化、運転支援に高機能材料で貢献します!

  • ブラザー販売

    ラベルプリンターやWMS連携のノウハウ資料を掲載しています。

  • 浜松ホトニクス

    高効率だから低発熱・超小型!高圧電源なら浜松ホトニクス

  • NDKセミコンダクタ/
    名古屋電気

    最適デバイスでモーションコントロールソリューションを提案

  • 日立金属

    世界の期待が集まる分野へ 世界を支える高機能材料を

  • 東陽テクニカ

    モータの省エネ・効率化/振動・騒音低減のための計測器展示

  • 日本ケミコン

    コンデンサからセンサまで、厳選した最新情報をお届けします。

  • 東陽テクニカ

    センシングで高精度の測定を実現 !「音」「振動」「位置」

  • エンベック

    超精密同期と組み込み技術のコンシェルジュ

  • 東陽テクニカ

    東陽テクニカが提案するEMCソリューション&サービス

  • レニショー

    各用途に最適な光学/磁気式の位置決めエンコーダ

  • 愛媛県・えひめ東予産業創造センター

    えひめが誇るスゴ技 ~日本一&オンリーワン!~

  • プロメテック・ソフトウェア

    日本発・粒子法流体解析/粉体解析ソフトウェア

  • ポリテックジャパン

    サブナノオーダー分解能で、スピーディに振動変位/形状計測

  • 三和工機

    設計製作・設計請負・技術者派遣の分野でお客様をサポート!

  • テレダイン・レクロイ

    汎用測定器からモータ・インバータ解析ソリューションまで

  • ニチコン

    コンデンサの新製品などをご紹介します。

  • 太陽誘電

    電源向けの蓄電デバイスや、においセンサ等をご紹介

  • 太陽誘電

    お手軽工程管理システム、及び監視カメラ稼働把握ご提案

  • サイバネットシステム

    エレクトロニクス製品開発の工数を削減する解析ツールの紹介

  • ミツイワ

    パワー半導体(GaN,MOSFET)、モータードライバーICのご紹介

  • 日本ムーグ

    モーションコントロールで不可能を可能にする日本ムーグ

  • コーデンシ

    透過型、反射型などの各種エンコーダを出展します。

  • 東陽テクニカ

    高機能・高品質な電源製品でお客様の問題解決に貢献します。

  • クラステクノロジー

    開発設計DX実現の要は製品マスタ/BOMの統合化にあり

  • ファナック

    出展物:コントローラ&サーボモータ、ロボット、工場IoT支援

  • ASPINA(シナノケンシ)

    ロボットハンド、小型精密モータ、高速度カメラを展示します。

  • ASPINA(シナノケンシ)

    小型精密モータ・関連製品 医療・自動化・液体搬送・送風等

  • 東芝ITサービス

    販売した機器のアフタサポート(保守等)をアウトソーシング

  • チップワンストップ

    トヨタ自動車開発の高拡張性ポータブル自動車セキュリティテストベッド「PASTA」のご紹介

  • IHI機械システム

    “拡散接合”で微細流路構造、異材接合、薄型化を実現します。

  • ゼネラル物産

    高電圧電源、DCDC電源、コンデンサ等の高圧部品は当社へ

  • コスモテックス

    モータ技術コアテクノロジーのソリューションカンパニー

  • スタッフ

    設計から試作、量産まで。製品開発トータルソリューション

  • ウルト・エレクトロニクス/マクニカ

    EMC/各種受動部品/コネクタ類/生産中止でお困りの方へ

  • WIBU-SYSTEMS

    ソフトウェアの収益化と不正利用防止をサポート

  • The Qt Company

    高性能GUIの開発工程を劇的に効率化!SoCからMCUまで展開

  • テラバイト

    技術サポートに定評のあるCAEコンサルティングカンパニー

  • VCCI協会

    VCCIマークは妨害波から暮らしを守る安心の証です。

  • キーサイト・テクノロジー

    DC~RF、ハイパワーも。電子計測器グローバルメーカー

  • タムラ製作所/ノベルクリスタルテクノロジー

    パワーエレクトロニクスの未来を担う電子部品パワーデバイス

  • ストラタシス

    3Dプリンティングのパイオニア「ストラタシス」

  • Automagi

    物流、製造、インフラ業界で活躍!一歩先行く『AI活用術』

  • キヤノンITソリューションズ

    Hyperspectral・画像処理・BIGDATAなど最新の技術をご紹介

  • 長瀬産業

    複数の熱対策部材により、熱課題の解決をお手伝いします!

  • エコ革

    時間とコストを削減! オンラインCAE受託解析サービス

  • グローウィル

    電源・トランスのことなら何でもご相談ください

  • 山陽特殊製鋼

    周波数にあわせたノイズ抑制部品用金属フィラーを提供します。

  • 東芝デバイス&ストレージ

    お客様の創造をカタチにする技術をご提案します。

  • ヌヴォトン テクノロジージャパン
    (旧パナソニック セミコンダクターソリューションズ)

    空間認識、電池応用のソリューション技術で貢献

  • ヘッドスプリング

    SiC、GaNを活用したパワーエレクトロニクスの設計開発の会社

  • ニプロン

    ニプロンの高信頼・高効率スイッチング電源を展示

  • IoT7つ道具(日本能率協会コンサルティング)

    現場改善を飛躍的に向上させるIoT製品を厳選してご紹介!

  • 構造計画研究所

    CAD統合で低ストレス!高効果!設計に適した熱流体解析

  • EtherCAT Technology Group

    産業用オープンネットワークEtherCATについて紹介します

  • クラレ

    CASE・ADAS、軽量化自動車用材料のご紹介

  • Luci

    フルカスタムのオリジナル電源をODMでご提案

  • シーイーシー

    工場を熟知したSIerとしてIoT活用の現実解をご提案します。

  • タイテック

    シンプルに実現、工場の継続した働き方改革

  • 日本システムウエア

    DX FIRSTお客様のデジタル変革を実現します。

  • ビジネスエンジニアリング

    メンテナンス業務ナレッジと IoT をつないで予防保全を促進

  • 丸紅情報システムズ

    AI・IoTを活用した先端DXソリューションをご提供

  • テクノア

    中小製造業様の生産管理とIoTソリューションの提供でお客様の生産性改善をサポートしています。

  • IDAJ

    クラウドで、テレワークでも解析業務を止めない環境構築

カタログスポンサー
  • 村田製作所

    産業機器、民生用途向けに最適なTMRセンサを紹介します。

  • テクニカル

    光学部品試作メーカー。高精度平面・プリズム・クロビット。

  • ポータブルパワー

    カスタム電池パック製作・電池研究用材料および機器の販売

  • マクセル

    ミリ波以上の高周波帯域に対応する電磁波吸収材を提案します。

  • 双信電機

    産業機器のノイズ対策と、CEマーキング適合を支援します。

  • Innoscience Technology

    GaNパワー専業会社、中国初の8“ウエファーで量産開始

  • ピコテクノロジー

    8chオシロスコープ PicoScope6000E

  • 岩田製作所

    豊富な標準品と1個からの特注対応で、ものづくりをサポート

  • 東芝ホームテクノ

    薄型ベーパーチャンバーをはじめ、多様な熱対策部品をご紹介

  • ザワード

    熱対策なら冷却専門商社ザワード

  • MECHATROLINK協会

    産業用オープンネットワークMECHATROLINKの最新技術を紹介

  • 瑞穂

    日立グループの瑞穂が提案する最新のメカトロニクス商材です。

  • 瑞穂

    日立グループの瑞穂が提案するバッテリーソリューションです。

  • KOA

    高精度・高信頼の抵抗器を多彩にラインナップ

  • ミスミ

    追加25メーカーのCADデータライブラリーとSOLIDWORKSが統合

  • ミスミ

    新提案、モジュールの組合わせで搬送ラインを自由自在に構築

  • インキュベーション・アライアンス

    高熱伝導度と厚さ2.5mm以上が可能なグラフェン放熱材

  • ディ・エス・シィ

    創業1982年のハイブリッド企業が取り扱う巻線部品・モータ-

  • ファソテック

    画期的!カーボンファイバー3Dプリンタと金属3Dプリンタ

  • アライドテレシス

    『スマート工場』の実現に向けた、これからのネットワーク

  • スプリームシステム

    センサーによる室内動線追跡「Moptar(モプター)」

  • いなばテクノ・エボリューション

    タブレットとバーコードで簡単 工程見える化 ツールのご紹介

  • テクロック・スマートソリューションズ

    メカ測定現場を革命するSmartMeasureシステム

企画協力

  • 【特設パビリオン】
    日本マイクロソフト

    つながる機器に 高セキュアな 新ソリューションを ! 新規・既存の IoT 機器を低コストでセキュアにする "Azure Sphere"-

TECHNO-FRONTIER
バーチャル展2020

カテゴリテーマ

メカトロニクスゾーン

  • モータ技術
  • モーション・エンジニアリング
  • メカトロニクス制御技術
  • センシング・画像解析技術
  • 部品設計・加工技術

エレクトロニクスゾーン

  • 電源・パワーエレクトロニクス
  • バッテリー技術
  • 電子部品用材料

対策技術ゾーン

  • EMC・ノイズ対策技術
  • 熱設計・対策技術

特集ゾーン①

  • CASE/ADAS

特集ゾーン②

  • ものづくり IoT
  • IoT 7つ道具

特集ゾーン③

  • AI/Robotics Tech

特集ゾーン④

  • 開発・設計DX

公式通販サイト
(チップワンストップ)

公式通販サイト(チップワンストップ)と紐づいている展示ブースでは、ダイレクトに製品を購入することができます。

公式通販サイト対応企業

企画協力:チップワンストップ

来場登録はこちら

バーチャル展示会 視聴・閲覧方法について

バーチャル展示会をご視聴・閲覧いただくには

  • バーチャル展示会をご覧いただくには、来場登録が必要です(無料)。
    来場登録はこちら
    来場登録すると、バーチャル展示会にログインできます。
    インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンからもご視聴・閲覧頂けます。
  • ご利用の通信環境やセキュリティ設定により、音声遅延の発生や、 回線が混雑して視聴できない場合がございます。予めご了承ください。
  • 通信料定額等のサービスを契約していない場合、高額な通信料金の請求や通信制限がかかる場合があります。Wi-Fi環境での視聴を推奨します。

画面が表示されない、動画が再生できない場合

  • 音声が出ない場合は、パソコンやスマートフォン音声のボリュームをご確認ください。
    また、ミュート(消音)になっていないかご確認ください。
  • ブラウザのキャッシュクリアをお試しください。
  • 他のブラウザでお試しください。(推奨ブラウザ:Google Chrome)
  • 他の動画・音楽再生ソフトが起動している場合は、オフにしてください。
  • ブラウザのバージョンが古い場合、動画が正常に再生されない可能性があります。
    パソコンやスマートフォンの再起動をお試しください。

よくある質問

IDやパスワードが分かりません。
IDはご登録のメールアドレスです。
パスワードは、こちらから再設定ください。
1つの申し込みは何名まで有効ですか?
ID、パスワードのご利用は1名さまのみとなります。
複数の方が同じユーザー名、パスワードでログインすることはできません。
またシステムの仕様上、1アドレスあたり1つのID発行とさせていただいております。
主催者講演・出展者セミナーの予約ができているか確認したい。
ログイン後、マイページにご予約の一覧が表示されますのでご確認ください。
主催者講演・出展者セミナーをキャンセルしたい。
キャンセルの場合、特にご連絡の必要はございません。
システム運営上、各種講演やセミナー開催に関するメールがお客さまに配信されます。ご了承ください。
主催者講演ならびに出展者セミナーの視聴について
【主催者講演】は、Vimeoを利用して配信します。
TOPページに、本日のセミナーが掲載されていますので、そちらから聴講できます。ライブ配信のため、開始時間の途中から入った場合は最初から聞くことはできません。
【出展者セミナー】は、Zoomを利用して配信します。
開始10分前から視聴用ページに入室ができるようになります。
TOPページに、本日のセミナーが掲載されていますのでそちらから聴講できます。
入室時に、氏名及びメールアドレスの登録を求められますでので入力してください。視聴用ページを閲覧できるようになります。
主催者講演や出展者セミナーの講演資料がほしい。
セミナーの内容や講師の意向により資料のご提供ができかねる場合もございます。
視聴時間について
バーチャル展示会は期間限定の開催です。
会期中(2020年9月8日(火)10:00~18日(金)17:00)であれば、各出展企業のブースに掲載されている動画や資料をいつでもご視聴いただけます。
主催者講演や出展者セミナーは視聴時間が決まっています。
開催時間は、プログラムをご確認ください。
資料のダウンロードについて
資料は、数の制限なく、ダウンロードできます。
ダウンロードいただいたご本人様の閲覧にご利用ください。
※悪意のあるSNSへの投稿や資料の2次利用は固くお断りします。
オンライン相談について
オンライン相談は、各社の状況により実施方法や利用方法が異なります。
実施は主に、平日のデイタイムを想定していますが、各社によって対応時間も異なります。
Zoomのオンラインに繋がる場合や、FaceBookを活用した連絡、オンライン相談の日時調整フォーム、各社の問合せページからオンライン相談希望の旨を連絡するなど表示された内容に合わせてご利用ください。

【 オンライン相談対応企業 】(2020年8月28日現在)
旭化成エレクトロニクス/ASPINA(シナノケンシ)/岩田製作所/インキュベーション・アライアンス/AAポータブルパワー/KOA/ザワード/シーイーシー/JMAG/スタッフ/住友ベークライト/セールスワン/THK/東陽テクニカ/ブラザー販売/ヘッドスプリング/ポリテックジャパン/ミスミ/Luci

スマートフォンやタブレットから視聴できますか
視聴いただけますが、お客さまの使用機器によってご視聴できかねる場合もございます。
またスマートフォン、タブレットからのご参加の場合は、システム仕様上資料のタウンロードができない場合もございます。
推奨環境について

メディアパートナー

  • 日刊工業新聞社

  • チップワンストップ

  • Gichoビジネスコミュニケーションズ

  • ITmedia

2020© Japan Management Association All Rights Reserved.