MENU

開催決定

メカトロニクス、エレクトロニクスに焦点をあてた専門技術展
「TECHNO-FRONTIER」を新たなスタイルで展開

ものづくりエンジニアのための
技術開発、市場創造の場を提供します

TECHNO-FRONTIER は、モータ/電源/センサなどの要素技術をはじめ、製品設計に関する幅広い製品・技術の展示と、最新技術動向が学べるシンポジウムが同時開催されるショー&カンファレンスとして、1983年の初開催以来、研究開発や設計に関わるエンジニアから多くの支持と高い評価を得てきました。

2020年度、本展では新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い中止となったTECHNO-FRONTIER2020で失われた要素部品などのメーカーと開発・設計者間での商談機会を創出するため、ウェビナー、バーチャル展示会などを活用した3つのイベントを新たに企画し、順次展開していきます。

TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会2020 とは

コロナ禍により停滞していた技術開発を動かし更に進めていくため、
技術者相互の情報交流や技術探索ができるライブ感のあるバーチャル展示会を開催します。

参加者は実物を見られない代わりに、製品紹介のカタログや動画閲覧ができるほか、
技術相談などの各種機能を使うことができます。

出展企業はデジタル技術によるリード提供の仕組みを活用し、見込み顧客の情報が得られます。

TECHNO-FRONTIER とは

TECHNO-FRONTIERは、メカトロニクス・エレクトロニクス分野の要素技術と製品設計を支援する専門展示会です。

400以上の企業・団体が出展するスケールの大きさと、最新の技術動向が学べる技術シンポジウムが同時開催されるイベントとして、研究開発や設計、生産、製造に関わるエンジニアから支持を得ています。

来場者の半数以上をエンジニアが占める他に類を見ない専門展示会です。

TECHNO-FRONTIER バーチャル展2020
ゾーンテーマ

特集ゾーン①

特集ゾーン②

特集ゾーン③

特集ゾーン④

カテゴリ:
「モータ技術」、「電源・パワーエレクトロニクス」、「ものづくりIoT」等 合計16個分野を指す。

ゾーン :
「メカトロニクスゾーン」、「エレクトロニクスゾーン」等各カテゴリが属するテーマを指す。

2020© Japan Management Association All Rights Reserved.