MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

株式会社図研

効果的な集客を模索・検討し続けながら
新たな営業先を求めて出展しています

株式会社図研

コーポレートマーケティング室 マネージャー

平野 真希 氏

1.お立場と役割を教えてください。
出展にあたってのコンセプトワークから実装、当日の運営までを含むブースの総責任者といった立場になります。
2.どんな課題を感じていましたか?
弊社の製品が市場で一定の範囲には行き渡り、社内での営業活動規模では新規の顧客を開発するのが難しくなってきていました。営業先の開拓は、会社として重要な案件でしたので、これまでもさまざまな展示会に出展してきました。しかし、多くの場合、ブースへの総来場者数も多く、名刺も多数いただけて、一見、大成功のように見えても、のちに精査すると弊社のビジネスの面で有効と思われる名刺、つまりビジネス上のリードになるものの数は少ないという結果で、本来の出展目的が十分に達成できていないのではないか、という問題が指摘されていました。
3.この展示会を知ったきっかけは?
弊社としてリードを得たい設計製造に関わる方が高密度で来場される出展先を求めていく中で、継続的に開催されている専門分野に特化した規模の大きな展示会ということでこちらの『TECHNO-FRONTIER』が挙がりました。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
前述のようにこれまでも展示会には多数出展してきましたので、出展すること自体には特に『TECHNO-FRONTER』だから、という問題や障害はありませんでした。
ただ、近年の会期が期初であることについては、来場者側・出展社側双方にとって予定調整が難しいと思われるため、再考を求める声が挙がっています。
5.出展の決め手は何でしたか?
初出展以来、お陰様で弊社の希望通り高密度にリードを得ていくことができていましたが、弊社の得意分野に出展を続けていますと、やはり当初の問題であった、新規のお客様との出会いが少なくなる傾向が現れるようになってきていました。前回の出展では集めたリードの約3割がこれまでにも、いただいたことのあるリードであったというデータが出ています。しかし『TECHNO-FRONTIER』という展示会では、来場者が明確な目的意識を持ち真剣にビジネスのチャンスを求めておられる方が多く、それは得難い機会ですので、単に“新規のリードが少なくなったから出展しない”という判断ではなく、思い切ってこれまでとは大きく違ったアプローチで出展を行なうことで、また新規のリードが得られるか、集客の効果を試すという計画で参加させていただきました。
6.出展してみていかがでしたか?
今回は従来とは全く違った方向で出展していますので、閉会までやってみないと効果のほどは分からないというのが正直なところです。ただ、感覚としてはこれまでにいらっしゃらなかったお客様に来ていただけているようではありますので、効果を期待したいと思っています。もちろん成果が得られるのであれば、今後も出展の最適な形を考えながら続けていきたいと思います。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.