MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

横河計測株式会社

来場者と接点をつくり、
ビジネス発展のきっかけとして活用

横河計測株式会社

マーケティング本部商品企画1部

竹内 安昭 氏

1.お立場と役割を教えてください。
出展内容の企画を担当しています。
また、ブースでのお客様への技術面の説明員も兼任しております。
2.どんな課題を感じていましたか?
お客様に対して、我々の新たなソリューションをご紹介する機会が十分でないことが課題でした。また、全国にたくさんいらっしゃるモーター開発関係のお客様を我々の営業部隊では100%カバーできず、新たなお客様と出会う機会が足りませんでした。『TECHNO-FRONTIER』では、モーターを専門に扱っているため、こういった課題を解決する上で有用だと考えております。
3.この展示会を知ったきっかけは?
はじめての出展のことは、私が担当になる前の話なので詳細は分かりかねますが、約20年以上継続出展しています。重要な展示会と位置付けており、今後も出展を続けていく方針です。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
展示会のテーマや内容に関しては、特に気になっていることはありませんが、あえて言いますと、会場の場所については少々気になっています。本展示会が東京ビックサイトで行われた際にも出展させていただきましたが、東京ビックサイトに比較しますと、幕張メッセは都心からのアクセス性にやや難があると思います。
5.どのように乗り越えましたか?
少々地理的な問題はあるものの、“我々にとって価値のある展示会である”ということは変わりませんし、出展を続けていくつもりです。近年は、併設展として行なわれている『国際ドローン展』に多くのお客様がいらして、そのままこちらに来てくださるという流れがありました。そのほかにも『電源システム展』など、付近で行なわれる併設展から流れてくるお客様が数多くいらっしゃいます。今後も関連の深い併設展を増やしていっていただけると嬉しいです。
6.出展の決め手は何でしたか?
最大の理由は、我々のソリューションがマッチするエンジニアのお客様がたくさんいらっしゃる点です。また、過去の出展でも毎年多くの成果がありました。この20年の間には、かつては出展していたものの、現在は出展をとりやめたもの展示会もあれば、新たに参加するようになった展示会もあります。その中で、『TECHNO-FRONTIER』は、今後も長くお付き合いさせていただきたいと思っております。
7.出展してみていかがでしたか?
我々は、販売促進とともに、お客様の課題をお聞きしたり、情報を交換したりすることを大きな目的として出展しています。具体的なビジネスの話は、後日、情報を引き継いだ営業部隊担当します。『TECHNO-FRONTIER』の会場では毎年多くの商談のきっかけを得ることができます。今年の出展でも、たいへん多くの来場者の方と接点を持ち、具体的なお話もできていますので、今後のビジネスに大いに繋がっていくだろうな、という感触を持っています。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.