MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

株式会社トーキン

『TECHNO-FRONTER』立ち上げ以来全回出展 
国内のEMC業界を牽引する展示会です

株式会社トーキン

マーケティング部 宣伝グループ シニアマネージャ-

柘植 研二 氏

1.お立場と役割を教えてください。
こういったイベントへの出展は、弊社ではマーケティング部宣伝グループが担当しておりますが、私がその長として技術部と相談しつつ展示内容を決定するなど、企画から関わる形で統括責任者を務めています。
2.どんな課題を感じていましたか?
弊社のみではなく、国内のEMC業界全体を活性化していかねばならない、という必要性と目的意識があったと思います。
3.この展示会を知ったきっかけは?
当時、EMC業界である程度の規模を持っていた会社に対して、事務局の方から「今度『EMC・ノイズ対策技術展』を開くから運営委員としても参加してもらえないか」という打診があり、それを受けてこの展示会の立ち上げから関わった経緯がありますので、きっかけという話であれば当時運営事務局からお誘いをいただいたから、ということになります。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
その当時は、有害電磁波問題などが世間の耳目を騒がせていたような時代で、EMCという技術自体が社会的にも、いまよりももっと脚光を浴びていたので、その技術展示会が開催されるなら当然出展するという姿勢であったと思います。したがって問題や躊躇はあり得ません。
5.出展の決め手は何でしたか?
これまで、ほかの展示会にも出展してきましたが、この『EMC・ノイズ対策技術展』は長期間にわたって安定して開催されている、ほかにはない展示会であり、弊社がEMCという事業を継続していく限りは参加することがマストであろうという形で、社内のコンセンサスが成立しているという点と、初回以来ずっと運営委員も引き受けておりますので、業界としても盛り上げていかなくてはならないと考えているという点が大きいです。
6.出展してみていかがでしたか?
弊社が取り扱っているような部品というものは、展示したその場で採用が決まるようなことは極めてまれで、普通は採用されるまでにいくつものステップがあったり、時間が必要であったりする性質のものです。ですから、展示会は将来的な採用を期待した情報提供の場と位置づけています。その意味では継続して出展していることが信用にも繋がっていると考えられます。それでも、弊社の子会社では、実際にこの出展から専門的な工事を即決で受注したような例もありますので、ビジネスへの即時的な効果という面も確かにあり得ると思います。また、業界誌やメディアの記者さんが取材に来られて記事にしていただけるのがPRの面でかなり効果が高いです。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.