MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

シナノケンシ株式会社

質の良い情報を入手できる展示会
商談につながる過去の実績が決め手!

シナノケンシ株式会社

営業企画本部 主事補

水上 裕章 氏

1.お立場と役割を教えてください。
営業の管理部門、主にマーケティングを担当しているのですが、部門に任されている展示会のひとつが、この『TECHNO-FRONTIER』になりまして、全体を取り仕切る担当者という立場になります。
2.どんな課題を感じていましたか?
弊社では、展示会に出展する際に“商談につなげること”を目標のひとつにしています。名刺をいただくなど、ブースを訪れた来場者の方から、いかに情報を入手できるかが課題になります。情報がしっかりと入手できる展示会には出展しますが、入手できない展示会については出展するかどうかを検討することになります。展示会は、企業情報を入手する手法にひとつですね。
3.この展示会を知ったきっかけは?
もちろん、『TECHNO-FRONTIER』(『モーター技術展』)は以前から知っていますし、何度も出展もしています。弊社のメインとなる事業は精密小型モーターです。『モーター技術展』に出展していることが、業界に対するプレゼンスにつながりますし、なによりも『モーター技術展』という名称は、弊社のターゲットにピッタリ合っています。来場者の方も『モーター技術展』という展示会の名称を見て、来場を決めている方が多いのではないでしょうか。モーター技術に関心のある人が集まるだろう、そういう展示会には出展したほうが良いという考えで、出展を続けています。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
障害ということはありませんが“実績につながるか”を展示会ごとに吟味しています。ですから、過去の実績がなく、効果の予測が難しい新しい展示会への出展は、あまり考えていませんね。まずは、いま出展している展示会をしっかりこなしていくことが大事だと考えています。
5.どのように乗り越えましたか?
来場者がこれくらいという情報がわかっていて、それに対して企業情報がこれくらい入手できたという実績がわかっています。この展示会は効率が良い、もしくは効率が悪いという判断を各展示会で判断していますが、『モーター技術展』は過去の情報を参考にする限り、効果があったと証明されていますし、出展しないということはありませんね。
6.出展の決め手は何でしたか?
名称がドンピシャの展示会だからです。違う名前だったら出展しないですね(笑)。
弊社では、過去に出展した際の情報を調べていまして、そこは展示会ごとに吟味をしています。『モーター技術展』は数字的な実績があり、質の良い商談情報を入手“できた”という過去の実績が、今回の出展の決め手になっています。
7.出展してみていかがでしたか?
やはり企業情報が得られる点ですね。展示会に出展して、そこで得た情報をもとに商談につながって、実際の仕事(受注)になるというケースがあります。実績のある展示会に出展することは、有効な手段だと思います。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.