MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

サンケン電気株式会社

コア技術と展示会のコンセプトが合致 
ねらったお客さまに効果的に訴求できます

サンケン電気株式会社

営業本部 営業企画統括部 プロモーション課長

仲村 典久 氏

1.お立場と役割を教えてください。
年間をとおして、展示会全般の企画やブースの企画を作成して、上層部に対して提言する立場です。今回の『TECHNO-FRONTIER 2018』では、企画段階における準備・設営から当日の運営管理まで担当しています。
2.どんな課題を感じていましたか?
展示会という場を活用して、弊社が取り扱っている製品の認知度をどうやって高めていくかが課題です。展示会のコンセプト、会場の立地、来場者の構成比などイベントの特性を考慮して、どのようなやり方なら目標を達成できるのか。『TECHNO-FRONTIER』では、研究開発および設計部門の方はもちろん、いわゆる技術部門の方からバイヤーの方に至るまで、電源システムとモータ関連に使用する半導体系の部品を中心に幅広く訴求したいと考えています。
3.この展示会を知ったきっかけは?
現職を担当したのが2年前からなので詳細はわかっておりませんが、弊社としては電源システム展が『TECHNO-FRONTIER』に統合される前から出展を継続させていただいております。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
毎年出展をさせていただいているので、業務上の問題は特にないですね。ただ、今回はこれまでと出展の方法をかなり変えているので、果たしてできるのかなという不安はありました。
5.どのように乗り越えましたか?
こればかりは、一度、実際に出展してみなければわからないことですので、事前に解消できる事柄ではありませんね。ここまでのところは、上手くいっていると感じます。
6.出展の決め手は何でしたか?
2点あります。1点目は、弊社の製品とこの『TECHNO-FRONTIER』のマッチングが非常に良いということです。『TECHNO-FRONTIER』では『電源システム展』に加えて『モータ技術展』も併設されていますが、弊社が得意とするのは、まさにこの電源用とモータ用のデバイスですので。2点目は、事務局の方がとても積極的にイベントを告知して来場者を動員してくださることです。出展する会社が一生懸命がんばって集客しようとしても、イベント全体にお客さまが来ていただけなければ、盛り上がりません。その点、この『TECHNO-FRONTIER』は主催者が活発に動いてくださっているので感謝しています。
7.出展してみていかがでしたか?
まだ2日目の半ばなので総括はできませんが、初日から今までの感じでは、意中のお客さまにはアピールできていると思います。また、数で見ても多くのお客さまに足を運んでいただいておりますので、満足しています。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.