MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

NOK株式会社

モノづくりの原点・テクノフロンティアで
我が社の「多様性」を大いにアピールしたい

NOK株式会社

営業本部 GI営業企画部 副部長

中村 真 氏

1.お立場と役割を教えてください。
展示全体のコンセプト決めから、出展する製品の選定やそれにともなう社内調整といった、いわば展示のトータルプロデュース。また、会期中のブース運営も担当しています。
2.どんな課題を感じていましたか?
私が属しているGI営業企画部というのは、主に一般産業機械の分野のお客様に対して、どのように販売していくかという部署なのですが、実際のところNOKという会社は自動車業界の中では知られているものの、それ以外の業界のお客様にはあまり知名度が高くないというのが現状です。そこで自動車業界以外にお客様にも、我々の製品のことをもっと伝えなくてはという課題を、以前から抱えていました。
3.この展示会を知ったきっかけは?
私がこの仕事に携わる以前から『TECHNO-FRONTIER』には出展をしていましたので、どのようにして知ったのかは、わかりません。今年の展示のスローガンとして“信頼性”、“高効率”、“多様性”の3つを掲げているのですが、中でも弊社が扱っている製品群の“多様性”に関しては、特に広く知っていただきたいと常々考えています。そういう意味でも、こういう展示会はアピールの場としてピッタリだと考えており、出展を続けている大きな動機となっています。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
じつは私以外に、出展の事務的な手続きを担当している者がいて、彼が出展の申し込みなどの対外的なことを、私が出展内容の企画などの社内調整を行なうというふうに、役割分担をしっかり決めて対応しています。出展歴も長いですし、特に申し込みなどに関して戸惑うようなことはないですね。
5.出展の決め手は何でしたか?
我々が担当している一般産業機械、モノづくりの分野において、この『TECHNO-FRONTIER』は歴史も長く、まさに原点とも言える展示会として広く認識されているからです。
6.出展してみていかがでしたか?
まだ初日ですので、今年の手応えに関してはこれからですが、天気が悪い割には多くの方に来ていただいている印象です。とはいえ、大切なのはブースに来られた人数そのものではなくて、出展後にどうビジネスに繋げていくかということ。実際、それまで取引がなかったような業種の会社とも、展示会をきっかけにお付き合いがはじまることは、これまで結構ありました。基本的に弊社が扱っている製品は隠れた部分に使われることが多くて、広くPRをする機会がなかなかないのですが、じつはシールと潤滑剤の両方をトータルに扱っている会社は、国内では弊社だけになります。実際のところ、いろんなことをやっているのです。そういった、これまで広くうったえきれていなかったようなことも、展示会を通じてアピールしていければと考えています。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.