MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

株式会社ノイズ研究所

継続出展がお客様からの信頼感に繋がる
EMC業界全体を俯瞰できるイベントです

株式会社ノイズ研究所

営業部 業務統括課 主任

大石 総一 氏

1.お立場と役割を教えてください。
弊社の展示会出展はこの『TECHNO-FRONTIER』への出展が最大のものとなりますが、出展に際しての企画、展示物の選定、設営、会期中の運営などすべてを統括する立場です。
2.どんな課題を感じていましたか?
弊社の創業から10年弱でこの『EMC・ノイズ対策技術展』がはじまり、以来30回近くに渡って毎年継続して出展しておりますので、出展前という事ですと弊社設立直後ということになります。ですからEMC業界内でより認知度を得たいといったようなことはあったかもしれません。
3.この展示会を知ったきっかけは?
前述のような理由で、明確なきっかけといったような事柄は担当者レベルではもうわかりかねます。現在も出展を続けているのは、国内でこの規模のEMC関連展示会がほかに存在しないからです。こういった業界展示会は単発や何か話題性のある時だけ開催されるものだけではあまり意味がなく、継続的に開催されていることそのものに意味があると考えますので、今後も出展を継続していきたいと思っています。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
EMC業界を中心とした展示会が開催されるということで、当時であってもむしろ出展しないという選択肢はなかっただろうと思います。ですので、障害となることは特にありません。
5.出展の決め手は何でしたか?
同じ回答を繰り返すことになってしまいますが、現在においてEMC業界最大手であり、かつ長期に渡って継続して開催されているほぼ唯一の展示会ですので、業界に携わる企業の関係者やお客様は、ほぼ必ずいらっしゃいます。お客様の質の面でも来場者人数の面でも、あるいは同業他社さんとの情報交換の場としても、EMCを仕事とする会社として継続的に出展を続ける理由たり得ると考えています。
6.出展してみていかがでしたか?
弊社ブースの来場者数は右肩上がりで継続し、常に新規のご契約を頂いております。継続的な出展の効果として、以前に製品を納入したお客様もまた弊社ブースを来訪してくださり、最新の機器や工法についての情報を持ち帰られることで、またその会社さんの次回の更新の際に弊社の新製品を選んでいただけることが多くなるといったことも出展の成果と言えると思います。頻繁に新基軸の製品が出る業界ではありませんが、毎回少しずつでも改善改良されたものを出展しておりますので、そういった情報を提供し続けることに意味があると考えます。また、弊社は製品のみではなく計測機器の性能を十全に発揮するためのセッティングや動作環境そのものをソリューションとしてガイドブックにまとめてお客様に提供しておりますが、そういった活動をより広く深く認知して頂き、弊社に対する信頼性を高めていく場ともなっていると思います。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.