MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

コーセル株式会社

ヒアリングが新製品誕生の契機になることも だからこそ来場者との対話は大切にしたい

コーセル株式会社

国内営業部 首都圏グループ グループマネージャー 首都圏営業所所長 兼 営業一課課長

安藤 佳徳 氏

1.お立場と役割を教えてください。
主に展示会開催当日のブース全体の運営を担当しています。
2.どんな課題を感じていましたか?
出展をしはじめた当初は、新たな顧客層を開拓したいというのが、大きな目的だったそうですが、近年は“弊社の新たな技術をアピールする場”という意味合いが大きくなっています。
3.この展示会を知ったきっかけは?
初出展以前から日本能率協会と縁があったそうで、その流れで『TECHNO-FRONTIER』を知り、参加に至ったと聞いています。『TECHNO-FRONTIER』への出展は、今や社内でも年に一度の大きなイベントといった位置づけとなっています。
4.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
長年出展し続けているため、スケジュール感も完全に把握しており、毎年滞りなく出店の準備を進めています。
5.どのように乗り越えましたか?
特にありません。
6.出展の決め手は何でしたか?
ずばり『電源システム展』という分野のくくりが、弊社が扱っている製品の分野とピッタリ一致するからです。来場されるお客様たちの動機に関しても、この展示会の目指しているところと、弊社の求めているものが合致するのも大きいですね。いろいろな展示会がありますが、現在は『TECHNO-FRONTIER』に出展に絞っています。
7.出展してみていかがでしたか?
展示会は、日ごろのお付き合いのないような、さまざまなお客様とも接することができる、とても貴重な機会です。そうした方々からヒアリングした内容が、その後の新たな製品の開発に大いに役立っています。展示内容は新製品の紹介が中心ですが、その製品がどういったことができるかを見せるために、それを用いて何かを動かすといった、動的な展示を毎年行なっています。以前は、集客も兼ねてブース内でセミナーを開催していた時期もありましたが、やはり一方的に情報を発信するだけでなく、お客様の声をじっくりと聞きたいということで、現在のような実際に製品に触れてもらうような展示内容に変えていったという経緯があります。今はインターネットで、新しい情報が随時取り出せるので、そういった意味でも展示会自体の位置付けは、以前と比べて大きく変わって来ていると思います。来場されるお客様の目的も、ネットからでは得られないような、より突っ込んだ製品情報を知りたいというふうに変化しているので、そういう話に繋がるような仕掛けが、より重要なのかなと。そのためにも、会期中のブースには、営業担当者だけでなく、各製品分野の技術者たちにも立ってもらって、技術的な深い話をしたいお客様にも対応できるようにしています。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.