MENU

TECHNO-FRONTIER 2021

イーター電機工業株式会社

メイン事業である電源の業界だけでなく
関連事業を周辺業界にアピールできる

イーター電機工業株式会社

技術本部 技術部 部長

樋口 勤 氏

1.どんな課題を感じていましたか
毎年出展しているので、出展するかしないかで言えば「する」しかありません。そのため、今日までに決めることと言えば、どんなものを展示するか、どういうコンセプトで展示するかであって、出展するかしないかを決めるための課題は何もないです。
ちなみにコンセプトはいつもとは大きく変えました。昨年まではカタログ製品をずらっと並べていましたが、今回は新たにこういうこともできますよということをアピールするために、展示物を減らしてアピールポイントを絞りました。結果的にいつもの展示とは大分違うレイアウトに変わりました。
2.この展示会を知ったきっかけは?
電源業界だけでなく、色々な周辺の業界の人も来場しますので、それらの人達に対してもアピールできるところがポイントだと考えています。当社は電源事業が基本ですが、AC/DCコンバータやノイズフィルターなど、周辺の商材も多く揃えています。電源自体も標準品からのセミカスタムでの注文を受け付けていますので、いろいろなところにビジネスチャンスがあると考えています。
3.出展を決定するまでに、何かハードルはありましたか?
特にないです。出展前という意味では、搬入がスムーズにできるか少し心配でしたが、搬入口が近かったのでスムーズにできて良かったです。
障害というほどではないですが、交通の便は少し考えてしまいますね。たとえば東京駅から直通バスが出ていますが、現在は来場客しか乗れません。出展者にも利用させてもらえると嬉しいです。
4.出展の決め手は何でしたか?
過去にも出展して色々な方と名刺交換していますが、それが次に繋がる良い材料になっています。今回もたくさんの方に訪れていただき、名刺交換していますので、これから営業活動していくうえでこれが非常に良い材料になることを期待しています。
5.出展してみていかがでしたか?
昨日(4/19)は雨が降ったせいで客足が少し鈍りました。でも、今日は晴れて客足が増えているので喜んでいます。トータルで見ても想定よりは多くの人に来てもらえています。来場者が展示物に関心を持ってくれているので、上手く興味を引く展示ができたと思っています。とにかく人が沢山来ればいいという訳ではなく、興味のある人やビジネスに繋がる人がどれだけ来るかが大事ですから、まずは成功と言えるのではないでしょうか。

「テクノフロンティア過去出展者特別インタビュー小冊子」ダウンロード

ダウンロードはこちらから

同時開催展

2021© Japan Management Association All Rights Reserved.