MENU

TECHNO-FRONTIER 2020

第12回 次世代給電技術展

次世代給電技術展とは

未来の発電・給電技術が集う総合展

次世代給電技術展は、給電技術、微少な発電技術、その構成部材・評価装置等を対象にした発電・給電に関する専門展示会です。

EV等大電力を要するアプリケーションの場合はWPT、IoT時代に爆発的に伸びると予想されているセンサーへの活用ではエネルギーハーベスティング技術など、発電・給電技術の見直し・開発が進んでいて、本展のような未来の技術を俯瞰できる場が注目されています。
また、電源システム展・モータ技術展・バッテリー技術展と同時開催の相乗効果により、より多くの来場者を展示会場に動員します。

是非ともこの機会に、貴社がお持ちの製品・技術をご出展いただき、顧客とニーズを発見・開拓する場としてご活用ください。

開催概要

会 期2020年4月8日(水)~10日(金)の3日間 10:00~17:00
会 場幕張メッセ
主 催一般社団法人日本能率協会
展示規模334社/652ブース(※前回)
来場予定者数32,000名
※同時開催展を含む
入場登録料3,000円(税込)
※WEB事前登録者、「招待状」持参者および学生は無料

出展対象・来場対象

出展対象

製品・技術
【自動車用充電・給電分野】
  • 急速充電システム
  • 普通充電器
  • V2X
  • パワーコンディショナー
  • 充電機器関連システム 他
【ワイヤレス給電分野】
  • ワイヤレス給電システム
  • 周辺関連技術

    • 無線通信技術
    • センサ/センサネットワーク技術
    • 測定器/シミュレータ 他
  • デバイス/モジュール

    • 電磁誘導給電
    • 磁界共鳴給電
    • 電界結合給電
    • エバネッセント波給電
    • 電波給電
    • 超音波給電 他
  • その他
【エネルギー・ハーベスティング分野】
  • 熱電発電

    • 熱電モジュール
    • 熱電素子 他
  • 振動発電

    • 圧電発電
    • 電磁誘導発電
    • 静電誘導発電
    • エレクトレット発電
  • その他

    • センサ
    • 汎用評価
    • 無線モジュール
    • 制御回路ソフト 他
  • 光発電
  • 電磁波発電
用途
  • 自動車(駆動用/電装用)
  • FA/工作機械・設備
  • 精密機械
  • 食品機械
  • 鉄道
  • 医療・福祉機器
  • ロボット など、あらゆるアプリケーション向け

来場対象

32,000名
プロフェッショナルが来場

自動車・車載機器、FA・工作機械、家電・AV機器、ロボット、医療・福祉機器等のあらゆる産業・製品に関わる、

  • 研究開発/設計エンジニア
  • 生産技術エンジニア
  • 購買・調達担当者
  • 経営者・管理者

第12回 次世代給電技術展 に関する
お問い合わせはこちらから

2019© Japan Management Association All Rights Reserved.