MENU

TECHNO-FRONTIER 2020

第3回 部品設計・加工技術展

部品設計・加工技術展とは

匠の技(特殊・複雑・精密加工)で解決
~設計・試作から量産まで~

各種製品に求められる機能は高度化・複雑化し、部品の設計・加工には特殊な技術が必要となっています。その要求仕様を満たすために、各メーカの設計・生産技術エンジニアは、解決策を模索しています。

本展には、そのような課題を持った技術者(プロ)が来場します。

部品の設計、試作、材料選定から量産対応まで、メーカのエンジニアのニーズに応える場として、貴社が持っている”匠の技術”をご紹介ください。

出展対象・来場対象

出展対象

製品・技術
  • 加工技術
  • 表面処理・仕上げ
  • 工具・加工機・測定機
  • FAパーツ・機械部品
  • 3Dプリンタ
  • 多品種少量加工業に特化した生産管理システム

このほか部品設計・加工技術に関する出展を募集しています。

来場対象

30,000名 (同時開催展含む) のプロフェッショナルが来場

自動車・車載機器、FA・工作機械、家電・AV機器、ロボット、医療・福祉機器等のあらゆる産業・製品に関わる、

  • 研究開発/設計エンジニア
  • 生産技術エンジニア
  • 購買・調達担当者
  • 経営者・管理者

2020© Japan Management Association All Rights Reserved.